保険料を節約する方法

車の保険って安くないです。
ましてや車が2台・3台とあると自動車保険料だけでも10万オーバーがザラでしょう。その自動車保険を少しでも節約する方法を紹介します。

■保険の対象者を限定する
車を使う人を考えて限定してしまうのです。
そうすることで保険料が安くなります。
誰が運転するか良く考えて入るようにしましょう。

注意が必要なのは、
もし補償対象外の人が運転していて事故すると、
補償されません。当たり前のことですがこの点に注意してください。

■重複してる特約を外す
自動車保険以外でも同じような特約に入ってるケースあります。
無駄となってしまうので重複してる部分あれば外しましょう。

■証券不発行で割引
すべての保険会社ではありませんが、ダイレクト系の中には証券を発行しないことで保険料を割引する会社もあります。
紙ベースで証券要らないなら割引になるので契約時にチェックしましょう。

ダイレクト自動車保険ならネット見積へ!

ダイレクト自動車保険は保険料が安いということでご紹介していますが、さらに安くするためにも見積もり・申込はネットからおこないましょう!!

というのも、ほとんどのダイレクト自動車保険会社はネット割引制度を設けています。これはネットから申込することで保険料を割引するという制度です。

せっかく安くなるならネットを活用しない手はありません。

なんか難しいの??

そんなことありません。
ネット申込でも難しい手続きはありません。

メールアドレスがあればOKです。

パソコンが無いという方でも
スマフォがあればOKです。

スマフォからカンタンに見積もりも可能です。

まずは気軽に見積してみるといいでしょう。

自動車保険はもっと安くなる!?

今入ってる自動車保険はどこの会社でしょうか!?
もしもずっと同じ会社で継続してるよって方いたら、他の会社へ切り替えることで安くなる可能性があります。

たとえばどこ??
→ダイレクト自動車保険なら保険料が安い傾向にあります。

アクサダイレクト・ソニー損保・アメリカンホーム・三井ダイレクト・チューリッヒなどがダイレクト自動車保険です。

これらの会社なら保険料が安くなる可能性があるのです。
同じ補償でも会社によって保険料に差が生じるのが現実です。

安い=不安??

いいえ、そんな心配ありません。

各社安かろう悪かろうではありません。
きちんとした補償体勢でしっかりバックアップしてくれます。

安い理由は別のところにあります。

それは、無駄な経費カットです。
基本的にダイレクト自動車保険は保険会社と直接繋がる契約形態となります。だから、中間マージンがカット。
さらに、ネットを活用することで余計な手間も省いています。

だから、保険料が安いのです。